陰部 臭い 食べ物

陰部の臭いを食べ物で改善できるのか?

食生活の変化も陰部の臭いを良くさせません。
陰部の臭いは先天的なワキガの自分で解消できない原因がありますが、一方では食物や生活習慣を変えることも臭いの原因になります。

 

 

最近は以前よりわきが体質になって脇の臭いや、陰部の臭いが気になるという方が増えています。
それは戦後などに比べると食生活が油っぽくなって欧米化していることが原因にもなっています。
そこでこのページでは陰部の臭いを食べ物を改善することで改善できないか探してみたいと思います。

 

 

腸内の環境を良くしてくれる食べ物

 

陰部の臭いを良くする食べ物!食生活で臭いを解消

 

陰部の臭いと言っても体から発している臭いです。
それなので臭いの元から対策しておくことが大切
そこで必要なのは腸内の環境を良くすることです。

 

 

腸内環境良くするには

食物繊維が多く含まれるものを食べる食物繊維が多い食べ物は腸の中を掃除し不要なものを早く排出してくれます。
これは野菜が典型的でその他海藻などにも入っています。

 

 

抗酸化作用のある食べ物

陰部の臭いの原因は脂肪酸が酸化することで怒るとも言われています。
酸化させないためにはポリフェノールが含んだ食品を多くとるとおすすめです。

 

ポリフェノールが含まれているものは抗酸化作用があり
例えばビタミンcが多く含まれている食べ物ですね。
緑黄色野菜やみかんなどに含まれています。

 

 

アルカリ性食品

アルカリ性食品は酸性に傾いてしまう体の中をアルカリ性にしてくれる食べ物です。
肉類は酸性のものがほとんどですので肉類を多く食べたらアルカリ性食品を食べます。
アルカリ性食品は乾燥した野菜や大豆など植物そして野菜果物です。

 

 

食べる量を控えたい食物

 

肉類の脂身脂っこいもの

いわゆる油っぽい肉というものは食べない方が無難です。
酸化して酸化臭がする原因にもなりますし皮脂腺を活発にする働きもあるからです。

 

 

臭いが強い食べ物

ニンニクやネギなどは臭いがするもので食べると分解された後で血液に乗って全身に臭いが行き渡ります。
ですのでなるべく控えておきましょう。

 

 

陰部の臭いは簡単に食べ物で改善することはできません。
しかし食物が悪いが陰部の臭いが良くなるはずはないのです。時間はかかりますが、少しずつ改善して陰部の臭いを克服していきましょう。